『そば湯』とは、そばをゆでたお湯(ゆで汁)のことです。『湯桶(ゆとう)』という容れもので出される事が多いようです。
   ではなぜ、そば店では、わざわざそばをゆでた湯をお客様にお出しするのでしょうか?
   そばには、栄養が大変バランス良く含まれ、他の穀類や豆類と比べても良質のたんぱく質が多く、ビタミンB群も豊富です。また、そばの効用で有名なのは、ルチン(ビタミンP)の作用でしょう。ルチンはポリフェノールの一種で、血管を強化して血圧を下げたり、動脈硬化の予防に効果があります。
   このように、そばには身体に良い成分がたくさん含まれていますが、その成分のほとんどが水溶性です。豊富な栄養が、そばをゆでている間に、お湯に溶け出てしまうということです。ですから、そば湯を飲むことで、栄養素を余すところなくとることができるのです。
そば湯の飲み方ですが、余ったそばつゆに入れて薄めて飲んだり、そのまま食後のお茶代わりに飲む方もおられます。
   食後のお楽しみ「そば湯」を、田毎では健康のためにもおすすめしています。