日本では、縄文時代に「そば」の栽培が始まったと考えられています。文献に「そば」の文字が最初に出てくるのは奈良時代の「続日本紀」です。
   初めのうちは、米と同じようにそばの粒のまま食べられていました。製粉技術が発達してそば粉ができるようになってからも、水や湯で練った、いわゆる「そばがき」の形で食べていた期間が長かったと思われます。
   現在のような細長い麺の形になったのは、江戸時代に入ってからです。「そば切り」と呼んでいました。さまざまな工夫をへて作られた「そば切り」は、あっという間に江戸中で大流行し、現代に至ります。