お客さまには、平素格別のご愛顧を賜り心より厚くお礼申し上げます。
当店は、明治元年、初代徳兵衛が名代・信州月の田毎より屋号をとり、「本家田毎」として京都三条の地に創業いたしました。
   その後、そば料理に特化した専門店として、現在にいたります。
2013年、「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されました。当店でも、外国から観光で訪れたお客様の来店が年々増加しており、日本の食文化への注目・関心が高まっていることを感じます。
   私どもは、長年守られてきた伝統の味に敬意を払いつつ、新しい変化を与え、皆さまに喜んでいただける味の創造に邁進してまいります。
私には、来店されたすべてのお客様の表情を、店主が一人でも目配りできる規模の「手打ちそば専門店」を作りたいという希望がございます。
五感をもって観察し、お客様のわずかな変化をきめ細かに感じたいので、限られた席数の店になるでしょう。皆さまが、本格的な手打ちそばを、楽しく気軽に味わっていただける場をどんどん増やしていきたいです。
   また、当店の食材は国産であることにこだわっております。
これは、「ほんまもんのおいしさ」を皆さまに味わっていただくとともに、「安心」してお料理を楽しんでいただきたいという想いからのこだわりです。
おいしい食べ物を口にした時の、心を満たす幸せな気持ちや、自然に浮かぶ笑顔をお届けすることをめざして、これからも妥協を許さず、そばの「おいしさ」と「安心」に心を配っていく所存です。
   今後とも、お客様の「食の感動や心からの笑顔」を私たちの喜びとし、努力を重ねていきたいと思います。
   皆様とお逢いできることを楽しみにしております。

店主 堀部和宏